ディップアートの制作工程

 

ディップアートとは…ワイヤーを一枚一枚の花びらの形に形成します。

専用ディップ液に浸し膜を張り、膜が花びらとなります。

カラーディップ液は絵の具のように調合して作りますので、

濃淡は調合のするたびに少しづつ変わってきます。

膜が乾いたら、花芯と束ねて一輪のお花となります。

 


ディップアート(アメリカンフラワー)の由来


名のとおり、アメリカンフラワーとは、40年以上も前に

アメリカで生まれた手芸です。

ワイヤーと専用のディップ液から作り出される

美しい花に魅了された日本人が

日本で普及させ、日本人の器用で繊細な技術により

今に受け継がれています。



 

Jewel flower…作品へのこだわり

全ての作品にゴールドとシルバーのワイヤーを使用しております。

透明度の高いディップ液にはパール粉末使用で作品に光沢感を引き出しております。

キラキラ光る宝石のような作品には、オーロラのラメを散りばめております。

お花の完成後、ストレンスナー(強化剤)にもディップしてお花の強度を増しております。

全ての作品がオリジナル作品です。